本文へスキップ
HOME About us Wine Information  
 
grape
HOME

収穫ボランティアの追加募集を開始しました。
詳細はこちらをクリック

Domaine Takahiko(ドメーヌ タカヒコ)

北海道余市町登地区でワイン造りをすることを目的に始まった醸造所を持つ農園。畑には、ビオで管理されたピノ・ノワール(約9000本)と納屋を改造した小さなワイン醸造所があり、独自の考えをもってワインを醸造している。
ドメーヌ・タカヒコは、長野県の小布施ワイナリー
2男である曽我貴彦が2010年に設立。東京の大学で醸造学を学んだ後、大学で働きながら微生物研究者への道へ進むが、ワインの魅力が忘れられず、10年間、ココファームワイナリーの農場長として働く。その間、日本中、世界中のワイン産地を巡る。中でもジュラのオベルノワのワインに強く感銘を受け、そんなワインをイメージしたワイン造りをピノノワールで目指したく、余市町で4.6haの農地を購入し、ドメーヌを設立。現在は13系統のピノ・ノワールを栽培しており、全てビオロジック(有機栽培)にて栽培管理している。野生酵母、全房発酵が特徴であるため、色調は淡いものの、余韻が長く旨味を伴う香味は多く人を魅了する。2015年ウ゛ィンテーシ゛より赤ワインにおいては亜硫酸を使用していない。農夫でなければ造れない、そんな自然なワイン造りと、様々な意味での続けられる農業とワイン造りを目指す。


 
Takahiko Soga(タカヒコ ソガ)が造るワイン
濃くて余韻が長いワインの世界より、繊細(薄い)ながらも深く幅があり、余韻が長いワインの世界に魅力を感じ、まるで品質の高いお出汁の世界に似たものをワインに求めている。そのようなワインを日本で描くには、水捌けの良い火山性土壌と適度に雨が降る風土で育ったピノノワールであることが大切である。それも暖かいエリアでなく涼しい気候エリア(cool climate)で・・・。他の品種においても可能性があると思うが、多くの品種を扱える器用な人間でないため、ピノ・ノワールのみに一生をかけ、理想の世界を探し求めていきたい。
現在、少量だがご近所の農家からもブドウを購入しており、そのブドウから造られたワインのラベルには、ドメーヌ名が明記されず、私の名前「Takahiko Soga」だけが明記されている。
農場
農場は、余市町登地区にある標高60mの水はけの良い丘の上にあり、地質学的特徴は安山岩の母岩の上に風化した礫、砂が混ざりあった火山性粘土土壌である。
余市は、暖かい海水の影響を受けているため、北海道の中でも比較的温暖エリアに属し、降水量も少ない場所として、昔から果樹と漁業の町として栄えてきた。また、岬や山に囲まれた特殊な地形を有すため、果樹が海風や強風に守られ、羊蹄山麓から吹き込む乾いた風が病害などの発生を抑えてくれるため、ピノノワールの栽培には非常に恵まれた環境である。
一方で、毎年、冬になると安定した1m以上の積雪があり、パウダースノーと呼ばれる綿雪が葡萄樹を覆うことにより、厳しい冬の寒さからピノノワールの樹を守ってくれている世界でも稀な気候条件を持った産地でもある。

栽培に関する思想は、こちらに。
醸造
発酵は全房(除梗なし)でおこない、酵母を添加することなく自然な発酵を促す。基本、必要なければ亜硫酸も使わない。言葉で言うのは簡単ですが、これが難しく恐ろしいことでもある。醸造の基本的な考えは、できる限り見守り、自然にまかせた発酵を行う。教科書(マニュアル)で醸造するのでなく、感性で醸造を行う造り手がドメーヌタカヒコなのです。
醸造に関する思想は、こちらに。
ドメーヌタカヒコの出荷情報、イベント情報をお伝えするメール会員の募集を行っております。
メール会員希望の方はこちらをクリック
NEWS
最新の畑とワインのニュースをTwitterで掲載しております。コチラをクリックして下さい。
facebookでも最新の情報を公開しております。下をクリック
www.facebook.com/DomaineTakahiko

余市町でタカヒコのワインを飲んでみたい。食と共にテロワールを感じたい方は、以下のお店へ
ドメーヌから歩いて5分の場所にある、レストラン「余市SAGURA(さぐら)」。ドメーヌタカヒコのワインなど、近隣の蔵で醸された素晴らしいワインが多数飲める素敵なレストランです。
地元の食材を踏んだん使用した料理が素晴らしく、贅沢な気分のまま宿泊することもできます。
ドメーヌタカヒコのワインは、過去のリリースを含め数多くストックされ、完全予約制の人気店となっております。必ずご予約をお願い致します。
  気軽に飲んで頂きたいドメーヌタカヒコの地元限定シリーズワインが、いつ来てもグラスで飲めるお店です(窒素置換サーバーにて)。
余市名物 余市産ヘラガ二のパスタと共に。
余市町役場の隣りにあり、駅からも比較的近い場所にあります。
余市町に接する小樽のレンガ横丁-屋台村にある小さなレストラン「バリロット」。道内のナチュラルワインを中心に、その日の料理にあった世界のナチュラルワインも用意されております。小樽のワインショップと提携しており、ドメーヌタカヒコのワインも前年のヴィンテージを中心に安定して飲めるお勧めのお店です。
要予約ですが、地元の新鮮な食材を踏んだんに使用した、おまかせコース5品料理がお勧めです。
  余市町駅前にある旅館業も営む老舗の日本料理「かくと徳島屋」。京都の有名懐石料理店で長年修行されたオ-ナ-が料理長を務め、余市の季節の食材をふんだんに用いた日本料理と日本ワインとのマリアージュは心トキメキます。完全予約制ですが、リーズナブルな価格でお料理が堪能できます。DMタカヒコ、アツシ、モンなどの各社フラックシップワイン「3種のお試しワイン」がセット(各40mL〜50mL/グラス)になった「Vin de 時御膳」(\5,500〜\9,900(税込))は、ナナツモリが試せるお得なセットです。
その他、割烹コースなどとお試しワインをセットにすることも可能です。
帰りにお隣の「ワインバー Y’n」に寄るのもいいかも。
(Vin de 時御膳は10月17日からスタート)